葵居屋

BL小説を書いている葵居ゆゆのお知らせ用&日常ブログです。
BL的表現や内容が出てまいりますので、ご注意ください。
ついったもやってます→@yuyualthaea

悪党に粛清を観てきました

2015.07.24 Friday
0
    久しぶりの映画カテゴリ!

    悪党に粛清を
    こちら。
    『悪党に粛清を』を観てきました。
    来日挨拶はものの見事にアクセスすらできませんでしたが、好きなんですよねマッツ。
    私にしては最近ずっときゅうきゅうのスケジュールなのですが、むしろそういうときこそ切り替えが大事では? と思ったこともあり、映画はできるだけ行こうと思っていて。
    久しぶりの武蔵野館でした。以下ネタバレ含む感想なのでネタバレ嫌な方はスルーしてください!
    しかもやや斜めなダメファン目線が含まれます。ご注意。



    全編ひたすらかっこいいところしかないマッツの汚れてこそ輝く美しさがこれでもか! これでもか! と繰り広げられて(萌えで)息が苦しいくらいでしたが、映画はとてもわかりやすく、甘さのないところがクラシカルな雰囲気で面白かったです。
    マッツはもう、冒頭から、髪の毛直すお色気サービスですから……悶絶。
    7年ぶりの愛しい家族との再会だから身なりも気にするよね!o(≧▽≦。)(。≧▽≦)o
    定番のバックショットもいっぱいサービスされてマッツ好きにはたまらないです。

    お兄さん役のミカエル・パーシュブラントもとってもかっこよかったです。ジョンとピーターはどちらも寡黙でシャイなんですけれど、ピーターのほうが直接的に愛する家族(妻子)がいない分、その不器用な感じがすごく出てて、「負け戦にはくわわらない」というくせに、弟は別格なんだなあ、と。見張り役の煽り方(怒らせ方)のときのかっこよさたるや。
    それと、予告編ではエヴァ姉さんの役どころはもっと違った感じかと思っていたのですが、予想と違った立ち位置で、それがおもしろかったです。一言もしゃべらない姉さんでしたが存在感は抜群。
    悪役側の兄弟とピータージョンの兄弟が、絆的な意味でかなり対照的な描かれ方で、すごくわかりやすくできてるなーと思いました。セリフ量がかなり少なく、画面で見せる構成なので、人物関係図は象徴的にしていたのかも。
    マッドマックスもそうだったのですが、台詞ではなく、役者さんの演技と映像だけで説明を省くやり方はいかにも「映画!」という感じがして、見ていてわくわくするし、小説では絶対にできないからぞくぞくっともします。
    アクション映画や西部劇、ノワールもの、あとはスパイ映画とかはこういう作りが向いているのかも……。
    それにしてもかっこよかった。
    満足でしたー!



     

    2014年最初の映画

    2014.02.04 Tuesday
    0
      先日行ってきました。
      「ミスティック・アイズ」。
      感想は……感想を言うのが難しいですね。
      数を観ているわけではないのですが、イギリス映画っぽいなあ、という印象でした。愛ってままならなくて、ときには怖いもので、とても強いものだ、というお話かなあと思いました。
      あとは、狭い空間での人間関係って、どうしてもこういう感じになるよね……という田舎あるあるが怖くてせつない。
      主演のクレア・フォイがとっても美人で素敵でした。弟役のショーン・エヴァンスがすごくすごくよかったです。
      ばっちんは視線の演技がすばらしかったです。愛しげなシーンと怖いシーンの落差が……!
      イギリスの田舎の景色もとても素敵で、イギリスに行きたい熱が高まりました。

      今年こそできるだけ映画を観に劇場に行きたいです。
      2月がたいへんな公開ラッシュなので、2月はお仕事もたくさんしなくちゃいけないですが(ありがたいです)、合間をぬって通いたいと思います(*゚ー゚*) 


      ホビット&スカイフォール

      2012.12.27 Thursday
      0
         2012年締めの(笑)映画感想です。
        おおむね腐っていたりいなかったりだと思いますので間違ってきちゃった方はごめんなさいです。
        そっと忘れてくださいね。
        そして興味がない方もそっとスルー!

        というわけでいざ。
        見た順で「ホビット」から。
        うっかり私のことを以前からご存じの方は、LOTRが大好きなこともよくご存じだと思うのですが(日記でしょっちゅう垂れ流してましたから……)ROTKの後すぐに制作の話題が出た「ホビット」、紆余曲折の末すごい時間がかかってせつない思いをしてましたので、結局PJがやってくれることになって無事に公開までこぎつけたというだけでもうちょっと感無量です。
        あげくにちゃんとジャパンプレミアがあるという! 総勢5人で来日してくれるという!
        プレミアで見た久しぶりのPJアンディリジィの三人は相変わらずでしたし、初めて見るリチャードはすごく誠実そうで素敵な俳優さんで、マーティンはもちろんユーモアたっぷりですごくおしゃれで楽しくってキュートでああああ語彙がほしい。マーティン!
        (プレミア試写会行ってきました)
        そんなわけで12月2日夜に見ることができたんですが前のほうの席だったので完全に酔い、半分くらいしかちゃんと見られなかったのでもう一回3Dで見ようと思って見てきました。
        感想:マーティンのビルボは待ったかいのあるビルボ。
         最初はすごくイアン・ホルムに似ててびっくりしました。終わりのほうはあんまり似ていないんですけど、その変化も含めて役者さんてすごいなあ。
         そして個人的に1本目のクライマックスは、トーリンとの和解のシーンじゃなくて、ゴラムを殺さないシーンだなあと思いました。「あわれみ」のシーン。結局剣を引くビルボの表情がせつなくて、ああこれがフロドに引き継がれるのねと思うとちょっと泣けます。
        トーリンとのシーンはもちろん素敵だったのですがあまりのトーリンのツンデレっぷりに最初はどうしていいかわかりませんでした(笑)
        トーリン……体は大きいけど心はきっと受なのね……(笑)
        なんていうか、ビルボはモテモテの総攻ポジションだなと思います……(*゚ー゚*) 素敵。
        指輪ファン向けのサービスもいっぱいで、えるろんど様もサルマン様もちょっと若々しく、そしてガラ様はおどろくばかりの美しさ。
        2が早く観たい!!! レゴたん! スマウグちゃん! 死人占い師様!
        あのシルエットはばっちんシルエットなのかどうか気になります(笑)>ネクロマンサー

        「スカイフォール」
        オープニングがとても綺麗でした。
        キーになる女性がMをふくめて3人も出てくるのに驚きのヒロイン度の低さ。ヒロイン役もダニクレでまかなってしまうという……たいへん(腐)女子に優しいつくりでした(笑)
        シルヴァ、ボンドを捕まえてどうするのかと思ったらべたべたするという……そしてそれに対するボンドの答えは歴戦のタラシみたいで(もしくはヘタレ攻/私基準で)映画館で正座したい気持ちになりましたごちそうさまでした。
        でも個人的に電波を受信したのはQ7です。Qとボンド。Qが若くなってて小生意気なので、7QでもQ7でもお好きにどうぞみたいな感じで……帰り道は脳みそが大忙しでした、妄想で。
        今回のボンドさんは、引退したほうがいいんじゃない、もう終わりなんじゃない、という扱いをうけるおっさん、というポジションなので、枯れかけのおっさん好きという方はそれはもうたいへん楽しいと思います。ものすごく楽しかったです。
        MI6の執務室の旗かなにかがTTSSとかぶっているとかいう情報をツイッターでゲットしていたのですが、そちらは確認できず。もう一回行こうかな〜!

        本当は年内に「砂漠でサーモンフィッシング」も見に行く予定でしたが行けなかったので、今年はこれでおしまいです。通算12本かな。
        来年は24本目標で!
        たくさん観たいー!


        ソルジャーズ、マロリー、レガシー

        2012.10.27 Saturday
        0
           というわけで誰も嬉しくない映画の感想です。
          メモを引っぱり出してきました(笑)3本まとめて。

          「ソルジャーズ・アイランド」
          ざっくり言うと傭兵アクションものでしょうか。退役軍人さんがとある事情で持ち込まれた仕事でお金持ちの戦争ごっこの護衛(をするふりをして抵抗軍に武器を届ける)をする、というストーリーでした。
          ショーン・ビーンとドミニク・モナハンが出るという個人的においしすぎるキャスティングなのでいそいそ見に行って、二人ともけっこうはまり役なので楽しかったです。シン(ドム)はけっこうだめっこポジなんですけど、ジョン(豆)がわざと嘘をついたときはいち早く察して話をあわせたりしていて萌えっとしました。あとはグリモーとシンが仲良くなるのも可愛かったな〜。
          ジョンはせっかく思わせぶりなネタが散りばめられているのに回収されない伏線が多くてちょっと残念……「もしかしてあの女の人と血縁?」とか「ルポ(悪役)に個人的な恨みがあるのかも?」とわくわくしながら見ていたんですがとくになかった(>_<)しかし射撃訓練のウインクはさすがの悩殺ウインクだったのでDVDが出たら無駄にリピート決定ですよ姉さん(笑)。

          こっからちょっと腐るから嫌な人は見ないでね(笑)
          CPならクレイグと元部下マイクがイチオシ!(笑)あとはふつうにジョンシンもしくはシンジョンができますが、ヴァンシンもありだよね……愛はないけど! ヴァン×ハウスマン、おっさん同志ならばクレイグ×ジョンという選択肢があるなと思いました。よりどりみどり!

          「エージェント・マロリー」
          ※全体的に腐っていますあしからず。
          マロリーという名前の女性エージェント(民間)が活躍(?)するアクション映画。
          マロリー役の女性すっごい強そうだなと思ったら、本当に格闘家の方なんですね。さすがの迫力でした。
          しかしこの映画の見所は(腐女子的には)なんといっても俳優のほとんど無駄づかい的豪華さですよね……! ユアンにファスベンダー、チャニング・テイタムてどんなほいほいかと(笑)ファスが独りで美人担当だった……お色気満載。チャニングはよいわんこでした! わんこ過ぎてとびつきそうになりました(笑)わんこ攻大好き(*゚ー゚*) 
          一番色っぽいなーと思ったシーンはユアンとファスの酒場密会。もうあのあと二人でホテル行ったらいいんじゃないかな……!
          ユアンの最後はつっこみどころしかありませんでしたが(独りで海辺に行くな!)眼福でございました。

          「ボーン・レガシー」
          ※こちらも腐っていますごめんなさい。
          ふあああああレナああああああああ<レナファン
          期待どおりの女性の似合わなさっぷりにうきうきしました。脱いでましたし。全体的にね!
          下もサービスしてくれてもよかったのですが(笑)それはきっと続編のお楽しみよねと思うことにしています。
          個人的に一番もりあがったのはアラスカ自主鍛錬の山小屋にいた彼と合流したところ。「俺はお前が採点係でも気にしないよ」とかいうから「やだアーロンからのお誘い!? ブロバ的展開!? それともシャロ1−1のレストランデート的な流れなのどっちどっち」と無駄に興奮したのですがまったくそんなことにはなりませんでした。当たり前ですよね。
          ボーン本編が毎回ヒロインとっかえひっかえだったから、アーロン版は毎回男性をとっかえひっかえにしちゃえばよかったのに(笑)
          まともな感想的には、レナー好きなので映画が長ければそれだけ見られて嬉しいのはもちろんですが、ストーリーからするとちょっと長かったかなと思いました。ボーンシリーズはついていくのが大変なくらいどんどん展開する!というイメージだったので、そのつもりで見たんですが、基本的に別物として見たほうがよさそうです。アクションの方向性とか、アーロンとボーンの思考回路も違うし。アーロンがどうしてあんなに「強さ」に固執しているのかは、もし続編があるなら、そこでほりさげてもらいたいなあと思いました。

          次はADM、ポー、まだ見られたらソハ、あとはリンカーンかな。





          アベンジャーズ!!

          2012.08.18 Saturday
          0
            諦めてカテゴリ作ってしまったよ。
            「アベンジャーズ」観てきました。先行で!!!
            すっごい楽しみにしていたので(ワールドプレミアのユーストを見てしまうくらいには……)うきうき出かけていってうきうき帰ってきました。
            ネタバレしない程度の感想だけ書いておきます(笑)
            あ、ちょっと腐ってます。ちょっとだけですが欠片も許せない方はそっと回れ右をお願いします。


            ↓ここから↓
            まあだいたいバレていると思いますがRDJ好きですので隅から隅まで社長を堪能してまいりましたよ。拗ねたり焼きもちをやいたりするRDJは最高ですね。ポッツ可愛い。脚線美。
            マーベルの女性キャラは基本的に攻だと思います。ブラックウィドウが一番強いんじゃないか……いろんな意味で。
            同好の女性陣にはきっとロキが人気だと思います(笑)
            緑の科学者さんがたまらなく素敵でした。
            ホークアイがどうかしてるほどかっこいい。弓使いって素敵ですよね。
            社長は……社長は出てきてから最後まで大好きで仕方ないので今月もう一回劇場に行くよ。
            エンディングかっこよかったです。
            エンドロールのあとにはおまけがあって、すごい面白いので、観に行かれる方は途中退席しないで待っててくださいね。ぎゅぎゅっと濃縮アベンジャーズです(笑)

            わああい映画楽しい。
            TTSSの再上映も観ました。ギラムー。
            TTSSとアベンジャーズはちょうど両極端な映画だと思うんですけど、映画ってなんて幅広いんだろうって思います。どっちもぞくぞくします。

            因みに今月から10月にかけては個人的に目白押しなので楽しみです。
            プロメテウス、ソルジャーズ・アイランド、ポー最後の5日間、ソハの地下水道、危険なメソッド(この邦題……/笑)、あとトータルリコールは行こうかなって感じです。
            あ、白雪姫もありました。ぎゅうぎゅう。
            10月はBBCシャーロックのDVDも出るし11月はTTSSのDVDで、そしてそのへんはもうホビットのワールドプレミアですよ。あっというまです。

            と、ちょっと気を抜いて映画トークばっかりですみません。
            拍手ありがとうございます、読んでいただけて嬉しいです(*゚ー゚*) 
            今月の残り、原稿頑張らねば。
             

            1

            calendar

            Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            ご説明

            葵居ゆゆ/aoi yuyu
            小説を書くお仕事。主にBLを書いてます。
            初めておいでの方は「はじめに」エントリをご覧ください。
            ご連絡などありましたら「はじめに」記事かプロフィールページから、メールフォームをご利用ください。

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 2017年7月の近況とお礼
              葵居
            • 2017年7月の近況とお礼
              みーくん
            • 【5月25日まで】KADOKAWA BLライトノベルリレーフェア2017GW
              葵居
            • 【5月25日まで】KADOKAWA BLライトノベルリレーフェア2017GW
              K/M
            • 掲載SS一覧
              葵居
            • 掲載SS一覧
              まあみ
            • 掲載SS一覧
              葵居
            • 掲載SS一覧
              まあみ
            • 『愛傷コレクション』キャラ紹介
              葵居
            • 『愛傷コレクション』キャラ紹介
              もん

            links

            profile

            書いた記事数:537
            最後に更新した日:2017/12/13

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM